ダイエットをするのに向かないタイプなのかもしれない

2ヶ月の停滞期で心が折れそう!全く減らない体重に怒りが湧く

ダイエットをしているんですが、全然痩せないんですよねー。

ここで「怒マーク」を入れてしまいたいぐらいに、実は腹が立っていますよ。

だって、努力しているのになかなか結果が出ないって非常に腹がたつことじゃないですか!

「またまたーダイエットしているなんていって口ばっかりなんでしょう」ぐらいのことを言う人もいるでしょうか。

しかし違うんですよ。

ちゃんと今回は本格的にダイエットをしているのです。

それにも関わらず、今ではもうダイエットの停滞期に入ってしまったんですからね!

ですからまあ、ダイエットをしているのにも関わらず全く体重が減らない〜というわけではなく、正確にいえばダイエットを開始したばかりの最初のころは体重もそこそこに減っていたのです。

しかし一ヶ月も過ぎればもう停滞期ですよ。

ダイエットをしているのにも関わらず、体重は思うように減らなくなってしまいましたからね。

それも二ヶ月も体重の停滞期ともなりますと、もうダイエット自体をやめてしまいたいような気持ちにだってなりますよ。

しかも私の身体は制限されている食事の量に慣れてしまったのでしょうか。それも腹立たしいのですけれど。

私のボディに言ってやりたいことはと言えば、「ダイエットしてるからって調子にのるな!」ということですよ。

軽めの食事が当たり前だと思うなーということですよ。

私の身体は軽めな食事モードに慣れてしまったのかと思われます。

しかしダイエットの真っ最中の私からすれば、「軽めの食事の量に危機感を覚えて、そしてもっともっと皮下脂肪をエネルギーに変えて燃焼してくれ!」というものですよ。

勝手に省エネモードに入らずに、もっともっと私の有り余っている皮下脂肪を燃焼していっていただきたいです。

それこそまあ、勝手なお願いだということはわかっているのですけれど、しかしダイエットのストレスによってこんなことも言いたくもなりますよ。

だってもう毎日のように言っていますが、ダイエットって辛いんですから。

食べたいものを食べて愉快に暮らす生活を送れるようになりたいです。

たまーに「食べても太らない」とかいう人がいますけれど、私からすれば羨ましい限りですよ。なんだったら私の身体と変えて欲しいです。

私の身体は食べたらもれなく太りますから。

太りたい人にはオススメですよ。

しかも体力も運動神経もありませんから、スポーツでダイエットってかなり無理目な話ですし。

ですから根性ともに痩せづらいタイプなのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です