ハイカロリー食はダイエットに悪いと思っていても…

ダイエットをしていて何が一番辛いのかといいますと、やっぱり「食べられないこと」ですね。いやいやそのようなことを言いましても、何かしら食べてはいますよ。ダイエットをしてキレイに痩せたいわけで、食べずに痩せ細りたいわけではありませんから。

けれどもですよ。

ダイエットのごはんっておいしくないです。

やっぱりハイカロリーなものこそ美味しいわけで、ダイエットフードはおいしくはないですよ。

「おいしいダイエットフードですよ!」なんてダイエットフードのコマーシャルをしたところで、やっぱり「ダイエットフードのわりにはおいしい」というレベルにとどまっているわけです。

だって本当においしいものって、健康にはあまりよろしくないメニューだったりしますからね。

豚肉にしても脂身のところって美味しいわけですし、それにステーキにしてもさしがいっぱい入っている牛肉こそお値段が高いというわけじゃないですか。

それに生クリームが入っているお菓子はやっぱり美味しいんですってば。ケーキにアイスクリームにシュークリームにチョコレートといったように、脂肪分などがたっぷり入っているお菓子こそ、やっぱり美味しいですからね。

ヘルシーなゼリーよりも、生クリームがたっぷり入ったスイーツにこそ、ひかれてしまうというものです。

けれどダイエットのことを考えますと、やっぱりよろしくないわけです。

ハイカロリーな食べ物なんて健康寿命だけではなく、寿命そのものを縮めているようなものだーとかいう人もいますからね。

けれども食べるのが大好きな私にとっては、この一言につきるわけです。「でも、おいしいじゃん!」というものですよ。

ですからこそ、ダイエットにはよくないとはわかっていはいても、「でも、ハイカロリー食食べたいわけじゃん!」とも言いたくもなるのです。

やっぱり高カロリーでノットヘルシーなメニューって単純に美味しいですからね。

しかしたった今、ダイエットをしている私にとっては、ハイカロリーな食べ物なんてリバウンドの元となることでしょう。

いた、「〜でしょう」とか言っている場合ではなくって、確実にハイカロリー食で私はダイエットのリバウンドをしてしまうでしょう。

だっておいしいものを食べてしまったら、そこから歯止めがきかなくって、翌日も、そしてまたその翌日もおいしいものを求めて、ハイカロリーな食事になってしまうでしょうからね。

ですからダイエットの敵でありリバウンドのもとなのですよ。

Uncategorized

No Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です